ストリームからファイルへ

podcastingという手法から逆に思いましたが、今までのラジオやテレビの放送は全てストリーム配信です。podcastingは擬似的に放送のような提供を行いますが、モノ自体はmp3などのファイルなのでストリーミングの必要は必ずしもありません。今まではストリーミングしか選択肢がなかった訳ですが、podcastingの形式に利点を感じる人は多いのではないでしょうか。
例えば観たいテレビ番組を録画するという行為はストリーミング配信をわざわざファイルに変換する作業です。当然画質も劣化しますしそのままファイルで送ってもらった方が余程良いです。ラジオにしても放送時間によって聴ける聴けないの差が大きい人も多いと思います。全ての放送がpodcastingの形式を採る方が妥当ではないでしょうか。
知人にこの案を話すと、ラジオやテレビは決まった時間に一方的に配信されるから観るのであって自分からわざわざは観ないだろう、というような反論を貰いました。そういう人も多いかなとは思います。ですが、私はテレビの録画の必要がなくなるだけでも有意義に感じます。
podcasting取得の専門家電製品が出てくれば、恐らくそれにはLANケーブルと電源しか線がないのでしょう。そこにアンテナなどの受信機は必要ありません。いや、無線LANとなるならLANケーブルの指し口すらないかもしれません。
podcastingの登場によって今後の放送形態は大きく変化するように思います。