Newton別冊の「みるみる理解できる量子論」が大変素晴らしい

観測するまでは状態は確定しない、という部分だけを切り出して、振り向くまでは後ろに人がいるかどうか確定しないだとか、それだけ聞くと怪奇現象みたいな量子論量子論の勉強はしたことがないのだけれども、よく見かける説明では全然納得できなかった。
納得できなかった理由の一つに、説明のスタンスが「これは量子論ではこうなります」と断言されてしまうところ。「星は小さくみえますが、望遠鏡でみれば大きくなります」みたいな感じで、何故(この例だと光がレンズで屈折する仕組み)の部分が無視されている印象が強い。本書では「これは量子論ではこうなりますが、当然納得できませんよね?」という展開になっていて、主に我々が体感している物理世界と比較した疑問点にフォーカスが当てられている。
納得できなかったもう一つの理由は、「現在でもわかっていないこと」を省略すること。「それじゃ説明になってませんよ」という状態で話が終わるので納得できなかった。本書では「現在でもわかっていないこと」について明確に書かれている。その上でこの説が主流ということを示してくれるのですっきりする。
それ以外にもさすがはNewtonで、強力な図解があったり説明そのものが上手だったりで大変素晴らしいと感じた。
今日のビールはNewtonだなと思ったけれども近くに売っているところがないので断念。
シュレーディンガーのネコ」の思考実験が詭弁にしか聞こえず何を言いたいのかと思う人におすすめ。