WebKitは欧文フォントによって和文フォントを切り替えている

知らなかった。CSS和文フォントが指定されていない場合、ブラウザのデフォルト指定フォントで表示されるものだと思っていたけど、WebKitSafari)やWebKitからフォークしたBlink(Chrome)では、欧文フォントによって和文フォントが切り替わるようになっているみたい。Safariは7.0.2、Chromeは33.0.1750.152で確認。

それぞれ和文フォントを指定していないのに欧文フォントの空気を読んで和文フォントまで明朝体、ゴシック体、ボールドに切り替わっている。ここに表示しているのは画像で実際のHTMLサンプルはこちら

ただ、WindowsだとChromeでもこうならない。Linuxは未確認。

日本人が日本語のウェブサイトを作るときは日本語フォントを指定すると思うので気にするまでもないけど、最近Facebookのニュースフィードのシェアに明朝体が表示されるようになって、そういう趣味になったのかと思ってフォント指定を調べたら、欧文フォントしか指定されていなかったので、もしかしてと思ったらそうだった。