他人がすぐに気付く問題を先に自分で気付くための方法

よく考えたコードや設計であっても他人が見るとすぐに問題が見つかることがある。知識差が原因のこともあるけれど他人だからこそ気付けたという場合も多い。

これは客観的に見ると気付く、というよりも視点を変えると見え方が変わる(よって問題に気付く)ということだと思う。他人は自分と少なからず違う視点(思考)になるので手っ取り早いというだけ。自分の視点を変えられれば問題に気付きやすくなる。

僕が普段無自覚にやっている方法を整理すると次の2つをやっているみたいだった。

ロール(役割・役職)を変えて考える

プログラムの設計やコーディングは基本的にプログラマーとして作業してしまう。例えばDBAになりきるとプログラム上は楽でもパフォーマンスなどで問題のある部分が見えてくるし、仕様を考えた人になりきるとプログラムの都合で元の仕様設計の意図を歪曲したり複雑化していないかが見えてくる。インフラエンジニアになりきると本番デプロイ時に問題になることなどが見えてくる。

こうやって違うロールになりきって考えると結構色々問題が見えてくる。ただ経験したこともないロールになりきるのは無理があり(単に机上の空論となる)経験に左右されるから、色々なことをやってみるのは大切だと改めて思う。

脳内の一時メモリをリセットする

これはライフハック的に言われてることだと思うけど、今やっている作業状態を一旦忘れてから再度考えることで強制的に違う視点にする方法がある。お風呂に入る、散歩する、一晩寝かすなど。僕の場合、だいたい数回自転車に乗ると「あー、そうじゃないや、こうだな」と違う視点のアイデアが出てきたりすることが多い(子供の送り迎えや買い物で毎日何回か自転車に乗る)。

奥の手として潔く信頼できる人に見てもらうというのがある。ブログタイトルと明らかに矛盾するけれどコードレビューやテストなどの決まったサイクルを待たずに自主的に第三者視点を求めるのは良いと思う。自分で気付ける方法を書いてみたもののどうしてもカバーできない部分はあると思うので。